■Text

2017 5/19 fri

「ぼちぼち活動開始」


宣伝お待たせでーす。



本日発売の新潮社の小説誌 yom yom vol.44 より連載開始の
『機巧のイヴ2 Mundus Novus』
作・乾 緑郎
のイラスト担当です。
カラーですよ!締め切り短いので焦りますな!
初回ということで描き込んでみましたです。

掲載誌が今号より電子書籍化とのことで、公式サイトやamazon他電子書籍が買えるとこから是非。
ヨロシク!


特例で元号改元準備が始まるってことで。
平成はあと2年位ですかね。約30年で完了ってことで昭和の半分程でありますがそれでも30年ですよ。


サイト用Cover画にちょっと手を加えました。
Painter2017にテクスチャーを乗っけてく筆があったのでそいつでスリスリーっとね。
むさいおっさんパワードスーツのハードさがいや増しますな。
イイ感じです。

Update: text , textPic(info)

2017 4/20 thu

「よし、嫁を探そう」




小説誌連載用にイラストを久々に担当することになりましーたよ。此間描き終えました。
麒麟児予告の連載以来やで。
まー麒麟児は2回描いて冲方さん捕まってからの終了というリアルの方が超展開でしたので、
わしのハートも結構傷付いてますが、
勝海舟がゲロ吐いてドヤ顔という絵を描いたので、
なんか、スンマセン。。
あん時はまだ病み上がりで意外と頑張ったんですよ!
30m級の超重西郷どん描きたかったなぁ。

ま、気を取り直して、連載雑誌が発売されたらまた宣伝しますーすん&すーん!


前回iPad更新したら遅なったゆーてたiOS10.3ですけども、
10.3.1へ更新したらスピード元どおりになりましたよー。やったぁ。
ちょっとだけ早くなった気もしますよプラシーボ。


MacProをよーやく新しく作り変えますよという告知がされた様でアポー。
骨壷・ゴミ箱などと素敵なネーミングで皆に愛でられる黒花瓶なMacPro(2013)はそれ自体のデザインは挑戦的で、
PCには見えないという1点突破型での最高の形状の一つではありますが、
実用性との兼ね合いを強く削ぎ落としていたので、仕事で使ってると信頼の形状には少し遠いですな。

現状では容量面で貧弱なSSDやクラウドでは補えきれない部分を保持しつつお安めなHDDはまだまだ現役だと思うんですが、
旧MacProでは標準完備されてたそれらストレージをぶち込む箱も、
壺形状にした段階で排除したんで、外側で掬い上げる純正の器が必要だったんですけどなぜかapple作ってくれなかったですしね。
救済措置のペガサスぶっこぬき箱もう売ってませんぜ。
でも2013の形は単純で面白く好きです。

排熱が大変で液冷駆使しつつも広大な空間がデッドスペース化した印象のPowerMacG5筐体に始まり、
その直系かつ洗練完了型のMacPro(2006-)に見られる実用性を内包したシンプルデザインの方が完成度は高いですが、
高すぎる故か、ずーっと岡持ち形状でしたからね。

信頼と安定の停滞。
停滞打破の為に壺は必要だったんですよ!多分!
ちょこなんとお座りした壺からソヨ風上昇の絵面は案外可愛いもんです。


そーいや我輩も描いてましたぜ
3月に出たモンスターコレクションTCG20thAnnivarsaryに!
期間限定復活っちゅーことで最初に世に出たversionから20年とのことです。
20年つったらこの世デビューした聖Babyが外見立派マン(初級成人)になるくらいの長さですね。
自分は10年目くらいからの参加やった様な気もしますよ。

現在は愛称のモンコレで検索したりすると後発の特に関係のないタイトルが幾つか出ますが、
元祖モンコレといえばコレなのでございました。
怪獣とかモンスターがメインのタイトルって今ならさらに貴重ですよネ…
怪獣も描きたいっ

記念に、是非。


SEGAのワールドチェインってゲームに三国志大戦3に描いた祝融姐さんが登場とのことです。懐かすぃー!
アーケード1作目か2作目用に描いた1枚目の姐さんは股間がエロくて納品後に描き直しさせられた、思い出の祝融さん。
3作目ではそこらへん気をつけて描いたので、今見ても俺の祝融さんはエロ可愛いと思うんですが、どですかね皆さんっ。

アーケード版の三国志大戦(4)に魏verの関羽も描いてたりしますので、機会があれば見てちょー。
関羽に睨みを効かせる魏龍もバストショットでカットされずに表示されると良かったなぁ。
今作はディスプレイの解像度も結構上がってクリアーな表示かと。
youtubeやniconicoとかに上がってるmovieも何本か見たけど動画もすごく綺麗ですね。
わいの鮑三娘描いくれてる人もいてちょっぴし嬉しかったりも。

今見返してみると新しい曹操とか呂布、雰囲気モロにワシの影響下ですな。フォーッフォッフォッ(高笑い)
無理に引き継ぐ必要はないと思うんですけどね、単にわし個人のセンスなんで。
(´-`).。oO(新しい挑戦として例のあれも描いたけどいつ出るのかなー)

あとSoulReverseZeroとかもよろしくねー。
新しく描いたのもあるのでいつかお目見えするハズ。
して欲しい。
とりあえず今はゴリマッチョなガウェインとかイーサン・ホークっぽいオデュッセウスとかヨロシクです。


ゲームのお仕事とかは描いてから発表まで1年以上かかることなんてザラなんでね。
描いた本人はいつ出るかわかんないことの方が多いのです(*´-`)

Update: text , textPic

2017 4/4 tue

「ぬりぬり2017」



我がMacでもPainter2017が動作するようになりましたので使ってみてます。
その代わりに愛用の12が終了時クラッシュするようになりましたー。
Sierraなんで想定内ですな。

12からのバージョン飛躍になりますが、内部バージョンは17ではなく16みたいですね。
ウィンドウリサイズが滑らかになったですね。テクスチャは旧作分切り捨てで減りましたな。
基本搭載のブラシ類は12の頃とそんなには変わってないですね。他の部分は慣れていきますよ。
便利そうな詳細一括パネルの配置が起動毎に非表示されますが、何がしたいのかなぁ。
2017の癖がまだ掴めてません。

新バージョン起動後恒例の、張り切ってマチエールもりもりの儀式でございます。
普段使わない新しい筆も今年は仕事で取り入れて参りますよー。


iPadにiOS10.3入れたらファイルシステムがAPFSに変更による体感速度向上が確実とアチコチで謳われてますのでupgradeしてみたら、なんと!
体感速度が前よりも落ちちゃいましたよ!
あらら。
全般的にタッチからの画面反応が10.2より微かに鈍いです。
処理落ちしてるよーな感触でありますね我がAir2は。


うっかり「Mr.タスク」を観たのであります。
ムカデ人間は観たくないけどコッチはずっと観たかったの。

冒頭から、アイシーデッドピー坊のでかまりきったお姿に和みますなー。
Happyファッティーなゲラ役、ええやん。

カージオイド”脳内”変換が不要なほど顔のバランス変わってないし、
肥えた分、御尊顔正面外縁部投影量が増量しておりますが、
肥えれば誰しも顔の淵肉ハンドル化してわっしと握れるやろ!ブンブーン!
一度は想像で握ってみるやろ!ブゥーン!
つーか今の車ハイブリッド化してて小声でヒィィーとか言って忍び寄ってきますね。ブォォゥン!

主人公はピー坊よりシュッとした別の人なんですが、こいつがバカでよー喋りよります。
登場人物がバカでおしゃべりが過ぎる場合、ホラーに於ける揺るぎなき民意により処刑まっしぐらコースがご用意されてございますが、
この映画はまさにみんな大満足な流れを堪能できます。
やったね!

名作グラディエーターを超えんとする気迫の最終決戦では、
怒り、悲しみ、そして失笑を禁じ得ません!
鬼の生キャストオフがカッコ良。

覚悟の剥け方、此処にあり。

おもろい因果応報アホ映画でござんした。
彼女役が可愛いのでオススメ。

Update: text , textPic

2017 3/13 mon

「fire」



ArtRage5のupgradeしてちょメール来てました。(半額で)
ArtRageはリアルタイム描画の質感素晴らしいですからねー。落書き用に揃えとこうかなぁと。
今年はっちゅーか今春にはPainterとintuosを新調しようかなーと思っておりましたので、5は後回しでございますよ。

and…長持ちした周辺機器達がsierraにするとドライバ更新だけではすくい取れないのか相性がちと悪くなることが少なくないので、
そいつらも新し目のに変えないとなーと。
appleさん、OSアップデートで使えるものの強制ゴミ化は良くないです!
エコっぽくないですよ!

キーボードビューアー表示して入力系誤作動を監視してみたんですが
wacomのペンタブ使用中のOS全文字化けは、バグ発動時からデジタル的にoption永久めり込み現象が確認できましたー。
最新ドライバでこれですが、も一回最新ドライバ綺麗に入れ直しときましたので(2回目)、再発しないか確認中でおます。

あると安心!の無停電電源装置(みんなも買おうぜUPS!)もsierraに関しては根本的に相性が悪いのか、
macの場合、一般的に多くの周辺機器に漏れ無くwinより対応が劣るオマケがついているところに、
sierraのなんだかよくわからない頑固システムが状態をさらにもう1段悪化させたようでして、
インストールすらできないところを非公式ですがシステムをいじってなんとか、使えますよーという状態でございます。

塚本晋也の「野火」観ました。
日本だけでなくて海外のもなんですけど、超大作の戦争映画では差っ引かれそうな生めな部分が満ちてますな。
本質的な部分に刃が当たると鋭敏な観客の心も切っちゃいますからね。
鈍感だと暖簾に腕押しですけど。
自主制作映画と知って一人納得です。

そーいやヒッチコックのサイコも自主制作やったけな。
全然関係ないけど。

史実系エンタメ戦争映画がパンチラ映画とすると、塚本監督は具を見せにかかってますな。
今日の俺は具も観ます!
たまにはね!

戦争映画で人間がらみの部分で感動できたらエンタメ度強めなんで、
そこはちゃんとね、嘘の混入も疑いましょうやね。
楽しむ為に程々にね。

Update: text , textPic

2017 2/10 fri

「まこす」



帯が手書きpop風にしてある文庫本、三島由紀夫の「命売ります」読んでます。
こんなラノベみたいなのも書いてはったんですね。
選び抜かれた言葉がまるで粘土の海を泳いでるような読み心地の「金閣寺」の万倍読みやすいですよー。サラッサラ。
主人公はどっちも屑っぽいです‥

先月末で旧サイトのプロバイダサービス終了につき無事closed。長年アリガトねー!
ほかのサービスはtwitterしかやってないので、ここと合わせて今後ともよしなに〜

macOSの最新版兼問題作である10.12sierraにしてから二ヶ月、騙し騙し慣れてまいりましたが、
キーボードの効き具合が悪いことがあるなーっちゅーか、ショートカットが効かないこと多しな症状に追加で、
wacomのタブレット使ってる最中に一瞬フリーズすることが出てきましたよ!
将来アッポー製ペンデバイスを使わせるための布石かね!

iOS10と歩調合わせる為かmacOSも10のままですが、
殺人にゃんにゃんシリーズからメリケン岩石シリーズに変化したタイミングで
素直に11とナンバリングした方が良さそうなくらいOSX終盤から互換性が少ーしづつ剥がれてきてますよ!

MacOSって”まっくおーえす”って読むかと思ってたんですが、
DOSは”ドス”って読んで刺してから掻き回す語感が良いので、
macにも適応すると”まっこす”になっちゃうんですね。
かわいくてくさそう。

アホなこと言ってるうちにiPadProとアッポペンソーが欲しくなってまいりましたよ!

Update: text , pic

2017 1/9 mon

「鳥は一生全裸」



はい、どーも。
今年は年始も引き続き仕事してましたです。
療養してたときは年末年始はセーブしてましたけど、今はまーいいやという感じです。
よかったよかった。

新年ということで抱負をぷりりっと。
今年は仕事でロボいロボを描いたりムキムキのブサ面ハゲ描いたり
激グロクリーチャー描いたり怖怖モンスター描いたりエロいオネーチャン描いたりできればと。
10年代から顕著な派手さに重点を置きすぎたカードゲームとは異なる方向性の絵も広げていきたいなあ。
年1くらいでそーゆーこと言い続けてるうちにもう10年代も残り3年です。
気が向いたらやさしく突っついて参りたいです。
と例年通り言っときますよ。

今年もよろしくー!



今日成人式迎えた人が年齢半分の頃公開の映画「ベオウルフ」を買って観ましたよ正月から!
当時は予告を流し見であんま興味なく、なんか絵が硬いなー違和感あるなーと思ってたんですが、
これ当時最先端の3Dアニメーション映画でした。「アバター」よりも前ですな。
基本写実的映像なので所々実写っぽく仕上がってますが
乗馬シーンの動きガバガバなところがまだゼロ年代やなーと。
-
ストーリーっつーか、主人公のベオウルフが最高ですな!
自分の武勇を誇るあまり、話盛りまくって仲間の失笑買いつつも、
泣き叫び襲い来る大殺戮モンスターちゃんが素手というところに注目して、
なら俺もとか言って自分も素手で戦うなかなかの漢なわけですが、
ついでになぜか全裸になります。モンスターちゃんも全裸やしな。

当然、フルチン全裸最強伝説がここに証明されるわけですが、
その男気に感服したおっさんがくれた家宝でもある名剣の名がフルンティンですからね。
縦横無尽に陽物しばたかせた後に、ふるちんソードもらうなんて運スゴイやろ!
全裸になった甲斐があります。

これぞ鬼に肉棒♂

ちなみにその名刀フルチン丸ですが、ゴールデン・ジョリーナ(適当)のエロ唇の前では歯が立たず刀身がすぐ溶けます。
アホか!
この展開おもろいわぁ。

ジャケットにも”鳥肌、総立ち♂”とか買いてるし、
最初から最後まで色々な意味で”息子との戦い”を描いた英雄譚なんですなぁー



昨年は一般職の就労時間の上限について色々ときちんとしよーぜってな至極真っ当な議論が起こりまして、
そりゃそうやわなあと思いましたです。
健康のためには必要ですよ。
自由業とかでは軽視が大前提ですけどね。とくに初期稼働期間。
休日は自分で決めない限り概念自体がないんですが、その代わり休みたいときは自分で決められますし、
過労重ねまくって働きまくってもOKなのです。自分の意志ですからね。

この問題では時間に因を求めた流れでございましたが、
長短を突き破って串刺しにするのは関係性における、人、なのかなーなんて思ったり。



そういえば…鳥は空中でhun投下しますので、全裸系の天使も多分やりますよ!危ナイ!



新しくしたmacOSの日本語入力で超高速な自動変換にミスが非常に多くてですね、
修正にも素直に反応しなくて、わーなんじゃコレって思ってたんですが、
新機能のライブ変換っちゅー機能なんですね。
これがとにかくタイポ増産に貢献しまくっております。
sierraにしてからtwitterとか同じタイピング時間でタイポが確実に増えた印象です!

自動タイポをこちらで修正する際に文節と変換に問題ない箇所までバラバラに砕けて再構築しているのでwin10と同じですな!
何年か学習させるとそういうことも減って結果的に早くなるのかなぁ。
比較的わかりにくーい場所にチェックボックスがあるので
オフにしたら誤変換がぐっと減りましたぜ。
まー我輩は通常の予測変換でもタイポりますけども!

↑2017
――――――
↓2016

Update: text , 新年宜pic

2016 12/26 mon

「クリぼっち(豆)」


なんて用語をあちらこちらで見かける年の瀬でありますが、
クリぼっちって物質のことじゃないですよね。
もしそうだとしたら…

(i)<コラーッ!



macOS10.12.2にupdateしました。

ちょっとだけ安定したかなぁてな第一印象でございます。
が、仕様ってかバグに小粒すぎて改善しなさそうなのが多すぎて悶絶中です。

設定が散らばりすぎてるので同系統のものは同じカテゴリでまとめて欲しいですなー。
windows10と同じで表層シンプルにした反動で、逆に階層増えちゃったのかなって感じもあり、
詳細設定にたどり着くまでの手間&難度が上がってる感じですね。

純正アプリとかアップデートで詳細設定自体或いは、あろうことか基本機能をガンガン削る公式パワーダウン化の波が止まりません!
これが地味に厳しいですな。

ってなわけで、どっちもまだまだ使いづらいですよ!



年末宣伝であります。

1月発売の新刊
カドカワBOOKS 転生太閤記 ~現代知識で戦国の世を無双する~津田彷徨・著
のイラスト担当です。

書店で見かけたらぜひ買って読んでみてねー



「ティタン アッズワースの戦士隊」に続き、今年もネット発のライトノベルのイラストを担当してみました。
よろしくよろしく。

Update: info , text

2016 12/13 mon

「Sierra」

にアップグレードしてみましたMacOS!


ついにというか、よーーぉやく、動物シリーズから名所シリーズに更新です。
おっ、少ーしシンプルになってますなー…っと、iOSっぽくチープになってますね。
今まで出来てたことがかなり出来なくなっております!

…Windows10も初期設定だと似たような使用感ですな。
ってなわけで、年末年始いろいろ弄って慣れていこーかと。

retinaぢゃないディスプレイだと、フォントが全体的に太く汚く見えんの気のせいかなぁと
設定弄ってたら”可能ならLCDでなめらか文字”のチェック外すとスッキリしましたーよ。
逆にちょっと薄く細くなりすぎの感も。

これでPainter2017もぶりっと入れることが出来る!
今使ってる旧バージョンはショートカットがブッ壊れ気味であります。
macでは昔からちょくちょくお世話になってる日本語環境起因の言語系バグっぽいスー。

PhotoshopのCSとかもまあまあ問題無く動きますけど、レスポンス悪くなったり表示グジャッたりと、所々バグっております。
嗚呼CC!
銭貯めます。

USB-CのみのMacbookProはスルーいたしました。
ポート多くてバリエーションがあるゴミ箱MacPro(late2013)でしばらく猪突猛進致す所存。

Update: text

2016 11/14 mon

「赤チンを、ムクッ!(空)」


さぁ冬です。
風邪の季節です。
風邪引かないよーにね。ゴホゴホ。



昔から有名なウィルスバスターっちゅーあると便利なPCワクチンがあるんですが、
今年はこのチンワク野郎が広告ポップアップ型ウィルス下郎として我が仕事環境で猛威を振るっております。
まーfinderの最前面に毎日広告張り付くだけですけど。

仕事の邪魔になるので毎回毎回毎回毎回ポップアップを閉じるのでありますが、これほっといたら自動的にフェードアウトするやろーと、
windowsではそうなるしなーmacならもちろんそれぐらい出来るやろ(^^)ってことでほっといたら何時間でも張り付いてやがりますよ!バ、バーロー!(名探偵風)

作ってるとこに「コレ止めてんかー」とか「君、非表示に設定できねーのかね」とか問い合わせてみたんですが、
返答の感じ優秀そうなのに回答内容ズレズレで、あ、こりゃアカンわ改善無理そう、と察しましたでございます。

これに限らずクラウド一般化した頃から何かを無断で捩じ込んでくるのが普通になってる気もするので、
土足踏み込み厳禁になれば良いなーと思っております。
SNSと同じくサービスの下衆化が浸透してますぜ。

てかこれはもすかすて‥物持ちよすぎ!新しいPC買い替えろお前!ってことを陰湿な手でお伝え頂いているのでわ!


MacBookPro新しいのでましたねー。

今回はまさかのファンクションキー部分が目玉!っつーことで、
チャレンジングなwindowsマシーンを彷彿とさせる変更ですけど、
ノート型使う場合に外付けキーボード必須の仕事環境だと壮絶に機能生かせないですよ。

勿体無ーい!(個人的に。)

Thunderbolt3兼USB3.1(USB-C)ポートっちゅーのが思い切ってて良いと思いましたが、
現状対応製品ほとんどないみたいなんで…というか我環境ではゼロであります。
何故かTB2にさえ下位互換性ないようですし、周辺機器が対応しまくるまでは基本的に全端子に変換コネクタ必須まくりでエラいことになりますな。
これから発表されるapple製マシーンはコネクタ形状ではこの仕様で統一してきそうなので、
どの道何年かはゴチャゴチャになるわなー。と予感しております。



シンプルデザインなマシーン程、実用時のごっちゃごちゃ雑多感でデザイン浮きますからのう。
普段から周辺機器繋ぎまくって位置固定してると最初からデスクトップのが無駄は少ないんやなぁなんて思ってますよ。
ディスプレイの無いmacPro系のほうが今の仕事場には配置しやすいので、ノート形状だと逆に邪魔っぽいという逆転現象がおきてます。
外付けキーボードにすると目玉アイテムが使えない訳ですし、
むむむーとね。
touchBar付きキーボードも多分出すなーこれ。

Update: text

2016 10/20 thu

「やさしさ頑固一徹」



立命館大学のRPGってプロジェクトに1枚イラスト描いてますよ。
見かけたらヨロシクー!
あと、
工画堂スタジオが今年100周年っちゅーわけで、PCゲームの頃からご縁のあった拙者も記念イラスト描きましたですよ。
こっちもよろしくねー!

近々MacBookProが刷新されるとか。
次はノートでも導入するかのぅと考えております。

Update: text

2016 9/25 sun

「クリプペで描く」



栗ぷぺーってかclipStudioPaintです。
栗はうまい。(事実)
サイト用落描きにたまに使いますよ。相変わらず気に入る筆が無いです。毎回言ってますなーがはは。

今年のmacProかmacbookProのupdateで最新機種を導入しよう!と思ってた9月だったんですけど、iPhone7発表だけかー。
iphoneとipadProはプッシュしてるのわかったんで、macもいい感じの出してーなーと。
マッスィーンに関してはwindowsなんかハードメーカー各社ラインナップがとっても充実してるんで、
次デスクトップ導入するならもうwinしかないのかなーと。寂しーなぁ。

photoshopもレンタルになったCCは控えて、パッケージ購入したCS最終版を今でも使ってるんですが、
次のmacOSからCSは動作しなくなるとのことで強制的にCC移行の流れですけど、
CCにすると毎年アップグレード購入するくらいの出費になるってなわけで、あら大変と。
(※ディレクトリ弄ると旧CSも普通に動くそうで、ならいいや!)

winへの乗り換えには最適な時期に来てるともいえますが、
win10は7からの強制アップデートやっちゃうオツム的ヤバさとか、
ディスプレイドライバのクラッシュが多過ぎとか(無改造なwin10標準搭載最新PCなのに)、仕事で使うの躊躇しますです。

winとmac両方長く使ってると感じるのですが、基本macのほうが素直な操作感がありますな。
本体性能はwinのがmacなんかよりフツーに良い状況が多いのでありますが。

それよりiTunes弄って毎回使いにくくするのヤメてなェアポゥ!

Update: text

2016 8/29 mon

「ゴォォォォ↓ヒィーーー↑」



「シン・ゴジラ」観てきました。
公開から1週間我慢プレイしましたが8月上旬には劇場へ。

オ、オモロイ!オモロいやんけ!!どーしたの只のゴジラ映画なのに!

拙者がいつも楽しんでいるハリウッド超大作群を軽く凌駕する119分でござった。
ゴジラ映画といえば怪獣対決モノだとずーっと思ってたんで(実際そうでしたので)、 ゴジラ自体にフューチャーすると面白さ激増するんですなぁ。
物語が引き締まってますし、 現在の日本が舞台で対処法も日本ならこうなりそうってところを突いてきてるので、
ハリウッド系怪獣とは異質の緊張感と”特撮”特有の絶妙な稚気が味わえましたです。
大災害シミュレーションとしても十分以上に楽しめました。

ゴジラは特別な巨大怪獣なわけで、その怪獣とは何ぞやっちゅー面を掘り下げてあって、
洋画大作で常態化している、超巨大でハイクオリティな素晴らしいビジュアル
+同じトーンの壮大な音楽
+登場時に豆粒サイズの人間に向かい威嚇ガオーな生命体としての小物感&涎
+モーションが哺乳類や爬虫類ベース
etc...
っつー、好みや善し悪しは別として、沢山観てるとどーしても欠伸が出ちゃう演出のデジャヴ所をかなり外してきていて、
しかもそれが良いほうに転がってたというか、今新鮮に感じましたですよ。

久々に大物の化け物を観させてもらいました。
みんなのヒーロー怪獣ではなく、激ヤバな邪獣として。


大作な洋画もそうなんですけど、 大作洋ゲーのモンスター描写も見事にガオー!ドンドン!一色なのを見るにつけ、
怪獣はこういうものっちゅースタイルからさらに一歩掘り下げる重要性を痛感しております。
エンタメ性との両立となると非常に難しいんですけどねー。
倒してカタルシスを得る為の単なる”的”にそこまで真剣に考える必要がないってことなんでしょうけど、
そこを考えてあるのが「シン・ゴジラ」なんで(主題なんで当然なんですが)、
怪獣の存在感が洋画群含めたそれと比べても明らかに突出していて、こいつは素晴らしいなと。

以上感想文。
シンゴジポスター風落描きは内容とは全然関係ありませんですよー

ところで「SCORN」どうなのと。
全面ギーガー的で傑作SFホラー臭でてるかもなんて一目惚れしたんですけど、
イグジステンスな銃MODが妙に臭そうだしFPSでなくてアドベンチャーなんかな。
youtubeのサムネイルがグロカッコきもくて笑えますぜ。
面白いかどうかも謎なんですが、期待しますこーん。

Update: text

2016 8/1 mon

「Bladeless Runner」


今夏公開中の「シンゴジラ」は是非とも劇場に行きたいけどもすぐには観に行かないという焦らしプレイ中ですが、
大スクリーンを存分に満喫出来る、公開終了直前を狙っております。
観客の少ない時の劇場占有感はなかなかのものであります。


先日twitterに掲載した画であります。
イケメン禿げモデルに何か描こうと前にゆうてましたので実行。

七夕発売の「カルドセプトリボルト」に新規でイラスト描いてますよ。
携帯ゲーム機は解像度低めなのでドット結構荒いかも。
現物も3DSも持っておりませんので実機での表示は未確認でございます。
いぃ感じで表示されてたらまぁ最高ですわぃなっちゅーわけで、よろしければ遊んでみてくださいな。

急拵えの当サイト、
PC(MacOSXとWindows10)での確認はほぼ問題無いところまで調整ができておりますが、
RetinaのiPadAir2で確認してみるとgalleryなどのウィンドウがぽいーんと表示されるアレの位置ガバガバっすな。

iPadの各ブラウザでの謎のセンタリング無視とか、
タッチの際背景とモーダルの同時ちぐはぐ天邪鬼スクロールとか、
オーバーレイのガバガバ感とか、
iOS独自仕様から生じるであろう部分を少しずつ改良していけたらなと思っております。
最新バージョンのモジュールに入れ替えたらいくらかマシになるのも確認しておりますが、新たに別のガバガバ部分が発生するのぢゃ。

HTMLだけで組上げてた時より格段に複雑になってますな。

Update: text

2016 7/1 fri

「丼」


新しいサーバーへの引っ越し完了!
新しいURLは www.shishizaruillustration.com であります。

SNSが主流になって久しい昨今、
伝統の朴訥としたホームページもずんと構えておきたいなぁという作者の嗜好により再始動であります。

サーバーも変わったっちゅーわけで、サイトの漢字表記を「獅子猿画廊」から「獅子猿画丼」へpowerUp。
末尾の「廊」を「丼」にした理由は「画丼」っつー字面が単にオモロかったからです!
読みは「ししざる がどん」です。
がどん。

ついでに今までの英語表記「Gallery Shishizaru」を「Shishizaru Illustration」へ。
サイトVersionは引き継いでいきます。

(旧サイトは来年1月末迄サーバに残せるようです。15年位サンキュー。)


今後ともヨロシクどんぞでがんすー!

Update: Renewal (Website Upgrade) [GALLERY SHISHIZARU]→[SHISHIZARU ILLUSTRATION]
[Previous text]
■Pickup Information
book

カドカワBOOKS
『転生太閤記
~現代知識で戦国の世を無双する~』

津田彷徨・著
イラスト担当

bookbook

講談社NOVELS
『無傷姫事件
injustice of innocent princess』
+
『彼方に竜がいるならば』

上遠野浩平・著
イラスト2冊担当

book

アース・スターノベル
『ティタン アッズワースの戦士隊』
白色粉末・著
イラスト担当

book

学研
『甲州赤鬼伝』
霧島兵庫・著
カバーイラスト

book

朝日文庫
『賽の巫女 甲州忍び秘伝』
乾 緑郎・著
カバー装画

book

KADOKAWA富士見ファンタジア文庫
『ゴールドラッシュ・オブ・ザ・デッド』
永菜葉一・著
カバーイラスト・挿絵担当

book

講談社NOVELS
『日入国常闇碑伝』
詠坂雄二・著
カバーイラスト

book

角川ホラー文庫
『戦都の陰陽師』
武内 涼・著
カバーイラスト

→ more information